公共料金の支払いはクレジットカードで!

公共料金を振込用紙による振込みや、口座引き落としで支払っている場合はクレジットカード払いに変更すると、毎月の支払いの度に料金に応じたポイントが溜まっていくのでお得になります。水道代、電気代、そしてガス代は全てクレジットカードで支払うことができます。またこれらの料金だけでなく、新聞代の支払いにもクレジットカードが利用できます。大手の新聞は全てクレジットカード払いに対応しています。ネットから支払いの切替えができる新聞もありますが、どの新聞でも配達員や集金に来る人にその旨を伝えると、申請用紙を持ってきてもらえます。ネットを利用できない人や、ネットにクレジットカードの情報を入力するは不安な人はこちらの方が確かです。

クレジットカードの海外サポートデスクはどんなサービスが受けられる?

国内ではクレジットカードは持っていなくてもそれほど不便を感じませんが、海外旅行の時にクレジットカードを持ってて良かったと思う時は何回もあります。まず、私が便利だと感じたサービスが海外サポートデスクです。海外サポートデスクはほとんどのクレジットカード会社がサービスを提供しており、クレジットカードの紛失や盗難の受付の他、現地情報を提供しています。現地情報はレストランやレンタカーの予約、ミュージカルやオペラのチケットを予約してくれたり、特に現地の言葉ができない方には心強いと思いました。私は以前、海外のキャッシングコーナーでトラブルが起きてしまい、サポートデスクに問い合わせしたらすぐに解決できましたし、無料で利用できたのでお得だと感じました。

クレジットカードの審査に必要なもの

クレジットカードを初めて作る方にとって、クレジットカード会社の審査を受けなければ作ることはできません。その時に必要なものを少しまとめてみました。1つ目は身分証明書です。例えば運転免許証や健康保険証があれば十分です。2つ目はカード代金の引き落とし口座です。身近にある銀行口座を活用するとよいでしょう。ただ、楽天銀行のようなネット銀行に対応していないところも一部あったりするので注意が必要です。3つ目は上記の口座のみとめです。クレジットカード会社によっては不要な場合もあります。4つ目は「モノ」ではなく、自己破産していないかどうかの個人の『信用』です。1つの例えとして、車の月賦を最後まで支払えず、負債を抱えてしまってどうにもならない事態を避けるために調べたりする場合があるのです。今回は以上です。

憧れのゴールドカードを比較的お手軽に持つには

「ゴールドカード」と聞くと、お金持ちが持っているカードという印象を受けると思います。しかしそのカードがそれほど持ちにくいのか?と言うと、それは会社によっても違ってくるでしょう。最上位のカードがゴールドであるということは、多くの会社のカードを見ているとよくお分かりになると思います。例えば、年会費の高いゴールドカードは審査も厳しめな傾向があります。それだけにステータスが高いことが分かりますが、ランクのさらに低いクレジットカードからステップアップしていくことも手段の一つです。しかしながら、審査の比較的厳しくないところも多いんです。例えばMUFGカードのゴールドなどは、比較的通りやすいですしゴールドのクレジットカードを持てるのでおすすめです。

クレジットカードを作って利便性の高さがよくわかった

最近クレジットカードを作ってスゴク便利だなと感じることが多いです。私は通販でよくネットショッピングをしますが、以前は銀行振り込みをする度に手数料がかかっていました。でもカード決済なので費用がかからないし面倒な手続きも要らないので本当に便利です。また以前は大きな財布を持ち歩いて買い物をしていましたが、今はカード1枚だけでスタイリッシュに支払いができます。小銭を出したり釣銭を計算したりしなくていいのは助かります。クレジットカードはある意味、社会人としての信用の証ともいえると思います。なのでカードを使うとき、少し大人になったなと感じることもあります。もちろんごく普通のクレジットカードだし、まだ逆立ちしてもゴールドカードは持てません。それでも普通のカードでも十分すぎるほど利便性が高いなと感じています。

クレジットカードの情報を登録できるサイト

ネットショップでの決済というっと、クレジットカードを利用する人が多いと思われます。しかし、パソコンなどを利用して、クレジットカードの番号を入力することに不安を感じる人も多いと思われます。そのような場合には、クレジットカードの情報を登録しておいた方が安心だといえます。そうすれば、買い物のたびにクレジットカードの番号を入力しなくてもよくなります。そして、安心して買い物をすることができるのです。今では、クレジットカードの情報を登録しておけるサイトというものは、かなり多くなってきました。そして、サイトによっては、買い物のたびに、セキュリティコードの入力を要求してきます。そのため、さらに安心して、買い物をすることができるのです。

ネットショップでの買い物の決済に便利です

クレジットカードといえば、ネットショップでの買い物の決済に便利だと思っています。ネットショップで何か購入した時、代引きなどを選ぶと、手数料がかかることがあります。また、コンビニ払いでも手数料が必要なこともあります。しかし、クレジットカードならば、手数料は必要ありません。そんなことから、クレジットカードでの支払いというものは、便利でお得だと思います。代引きなどを選んだ場合には、配達の時に家族が対応することもあります。その際に、支払いが発生すると、いろいろと面倒なこともあります。その点、クレジットカードならば、何も気兼ねすることはありません。家族が代わりに受け取るだけで済むのです。ネットショップでの買い物の決済では、クレジットカードをお勧めします。

主人が作ったクレジットカードはすべて廃止しました

わが家の主人の仕事は営業マンです。取引先から頼まれて作ったクレジットカードが財布にたくさん入っています。入りきれないカードもいっぱいありました。それらは年会費が毎年とられており、ほとんど使ったことのないカードばかりでした。管理もしていないので万が一落としたらカード会社のどこに連絡していいのかさえわからない状態でした。ですからすべてのカードを廃止したのです。カードを切ってそのカード会社に連絡し廃止してもらいました。これで無駄な年会費もとられないし危険なこともありません。いくらつきあいでも数が多すぎです。同僚の人は作ってもすぐに解約するそうです。おかげで財布もすっきりとしています。ずぼらな主人がカードを持つなんて怖いのです。

クレジットカードの年会費

クレジットカードって年会費が無料のカードと、年会費がかかるカードがありますよね。どちらのカードがお得なのかと言われるとついつい年会費が無料のカードの方がお得と思ってしまいがちなのですが、年会費がかかってもそちらの方がお得なカードもあるんです。年会費が無料なカードは年会費を支払う必要がないので出費が0で済みますので、あまりカードを使う機会がない人には良いと思います。しかしヘビーなカード支払ユーザーは年会費がかかるカードであっても、そっちの方がお得なケースが多々あります。その一例がポイントの還元率であり、多少の年会費を払うことによってポイント還元率が2倍前後違うカードもあるのです。年間で100万円使えばそれだけでもポイント差額が1万円になるので、年会費がかかるカードの方がお得になります。

クレジットカードの海外旅行保険にも着目

クレジットカードは、日本国内だけでなく世界中の様々な国で使うことが出来ます。現金をあまり持たずに海外旅行に行きたい方も、世界で使えるクレジットカードを持っていれば実現しやすくなります。海外旅行で使うことが出来るクレジットカードには、海外旅行保険が不可欠だと言えます。実際、クレジットカードには海外旅行保険が付帯されているケースが非常に多くなっています。海外旅行中にも、トラブルの可能性は存在しています。国内とは異なる環境で見舞われるトラブルに備える為には、海外旅行保険が不可欠なのです。クレジットカードによって、付帯される海外旅行保険の補償内容には違いがあります。海外旅行でクレジットカードを利用する予定がある方は、付帯の海外旅行保険の内容もきちんと比較して所持するカードを選ぶと良いでしょう。

1 2 3 4 6