nanaco一体型のセブンカード・プラスでポイントゲット

元々税金の支払いはnanacoカードを利用していましたが、一体型のセブンカード・プラスは1枚で2役、ポイントも有効に利用できます。年会費は初年度無料で、翌年からは年間5万円未満の利用だと500円かかります。私はコンビニではあまり買い物をしませんが、週に1度はイトーヨーカドーに行くので5万円はすぐにクリアできて年会費はずっと無料です。日ごろの買い物でも200円で2ポイントもらえて、貯まったポイントはいつでも使えて無駄がありません。8のつく日はイトーヨーカドーの店舗だけでなくネットスーパーでも5%オフで買い物ができるのでなるべくこの日を狙って節約に役立てています。nanacoのチャージも現金ではなくクレジットチャージにするとお得です。セブン&アイHDでよく買い物をする方には自信を持ってお勧めできるカードだと思います。

クレジットカードでの怖い体験は…

一度だけですけれど、クレジットカードで怖い体験をしたことがあります。それは、不正に使用されたかも知れないといった事件なんですよね。私の中では「事件」ですよ。けれども、私が会員になっているクレジットカード会社は、さすが大手クレジットカード会社だけあって、明らかにおかしな請求だったという支払いにおいて、私にちゃんと連絡をくれたのです。「いついつに北京でクレジットカードの支払いの履歴が送られているのですが、心当たりありますか?」といったように。もちろん、全く心当たりなんてないですよ。ですからその旨をしっかりとクレジットカード会社に伝えました。ですから事前に不正利用を防げたと言えるでしょうか。しかしスキミングされるにしても、全く心当たりがないだけに非常に怖い体験でした。番号の羅列でランダムにそのような不正利用を試しているのでしょうかね。よくわからない世界だけに怖さは倍増というものです。

セディナJCBカードを使って。

セディナJCBカードを使って数年間が経過します。セディナJCBカードは年間費無料なところが魅力で他のカードへはいけずにそのまま使用を続けています。またセディナカードで買い物したものが盗難にあった場合は180日間の50万円までの保証があるところも安心です。ポイントはカードを利用した場合は200円で1ポイントがつきます。ポイントは1000ポイントから交換可能です(旅行券やJCB券や商品など多数のものと交換が出来ます)全国のセブンイレブンとイトーヨーカードでは毎日ポイントが3倍付きます。またネットでお買い物をした場合はポイントが3倍~21倍付きます。便利にお買い物をしてポイント貯めて、私が毎回、旅行券と交換して家族旅行を楽しんでいます。今のところこのカードに満足しています。

クルマに多く乗る方にはシナジーカードがおすすめです。

シナジーカードとは、エッソ・モービル・ゼネラルが発行しているクレジットカードです。年会費は二千円になりますが、年間の給油総額が25,900円以上であれば年会費が免除されます。月にだいたい二万円強ほどの給油で年会費が無料になる計算です。またそれだけではなく、そのカードを使用して給油することでガソリン価格も値引きしてもらえます。私は仕事でクルマに多く乗るので、非常に恩恵は大きいです。年会費が惜しくて、つい必要も無いものを買ってしまわれるような方もいらっしゃると思いますが、私のようにガソリンが必需品な場合は、非常に気分的にも楽です。ガソリン代もお得、クレジットの年会費も実質無料となれば、クルマに多く乗る方には絶対におすすめできます。

リボ専用クレジットカードをお得に使う

クレジットカードには1回払いとリボ払いがありますが、土地田がいいかというのは意見が分かれるところです。一般的には手数料がかからない1回払いを利用している人が多いのですが、リボ払いにするとポイント2倍といったサービスも多いのでそれにつられてしまう人もいるでしょう。リボ払いにしてポイントが2倍になってもそれ以上に手数料がかかってしまうと、何に意味もありません。しかし使い方しだいではリボ専用のクレジットカードでもお得に使うことができます。ポケットカードのP-one WIZは請求金が1%割引になるというポケットカード独自のサービスに加えてポイントサービスも付いているので実質1.5%の還元率のリボ専用クレジットカードです。このカードのいいところは常に全額払いにできる支払いコースがあるところです。これにしておけばリボ払いで手数料負担が大きくならずに還元率もお得です。

クレジットカードは財布を落とした際の防犯対策にもなる

「日常でかかるお金のほとんどをクレジットカード払いしている」なんて言いますと、返ってくる意見は大体「えー!財布盗まれた時とかどうすんの?」というものですね。それではずばりお答えしましょう。財布を盗まれた際に、被害金額を少なくできるのはずばり言ってクレジットカードなのです。なぜなら、財布を盗まれた時点でクレジットカードの使用を停止してしまえるからです。それでは現金はどうでしょうか。現金に自分の名前を書くわけにもその現金の使用を制限するわけにもいきませんから、盗まれたらすぐにその泥棒のものになってしまうことでしょう。けれども現金でしたら、使える人が特定されているわけです。現金でしたら、誰かに使えないようにするのは不可能なことですけれど、クレジットカードの場合はソレができますからね。財布を落とした際の防犯対策にもなるというわけです。

公共料金の支払いはクレジットカードで!

公共料金を振込用紙による振込みや、口座引き落としで支払っている場合はクレジットカード払いに変更すると、毎月の支払いの度に料金に応じたポイントが溜まっていくのでお得になります。水道代、電気代、そしてガス代は全てクレジットカードで支払うことができます。またこれらの料金だけでなく、新聞代の支払いにもクレジットカードが利用できます。大手の新聞は全てクレジットカード払いに対応しています。ネットから支払いの切替えができる新聞もありますが、どの新聞でも配達員や集金に来る人にその旨を伝えると、申請用紙を持ってきてもらえます。ネットを利用できない人や、ネットにクレジットカードの情報を入力するは不安な人はこちらの方が確かです。

クレジットカードの海外サポートデスクはどんなサービスが受けられる?

国内ではクレジットカードは持っていなくてもそれほど不便を感じませんが、海外旅行の時にクレジットカードを持ってて良かったと思う時は何回もあります。まず、私が便利だと感じたサービスが海外サポートデスクです。海外サポートデスクはほとんどのクレジットカード会社がサービスを提供しており、クレジットカードの紛失や盗難の受付の他、現地情報を提供しています。現地情報はレストランやレンタカーの予約、ミュージカルやオペラのチケットを予約してくれたり、特に現地の言葉ができない方には心強いと思いました。私は以前、海外のキャッシングコーナーでトラブルが起きてしまい、サポートデスクに問い合わせしたらすぐに解決できましたし、無料で利用できたのでお得だと感じました。

クレジットカードの審査に必要なもの

クレジットカードを初めて作る方にとって、クレジットカード会社の審査を受けなければ作ることはできません。その時に必要なものを少しまとめてみました。1つ目は身分証明書です。例えば運転免許証や健康保険証があれば十分です。2つ目はカード代金の引き落とし口座です。身近にある銀行口座を活用するとよいでしょう。ただ、楽天銀行のようなネット銀行に対応していないところも一部あったりするので注意が必要です。3つ目は上記の口座のみとめです。クレジットカード会社によっては不要な場合もあります。4つ目は「モノ」ではなく、自己破産していないかどうかの個人の『信用』です。1つの例えとして、車の月賦を最後まで支払えず、負債を抱えてしまってどうにもならない事態を避けるために調べたりする場合があるのです。今回は以上です。

憧れのゴールドカードを比較的お手軽に持つには

「ゴールドカード」と聞くと、お金持ちが持っているカードという印象を受けると思います。しかしそのカードがそれほど持ちにくいのか?と言うと、それは会社によっても違ってくるでしょう。最上位のカードがゴールドであるということは、多くの会社のカードを見ているとよくお分かりになると思います。例えば、年会費の高いゴールドカードは審査も厳しめな傾向があります。それだけにステータスが高いことが分かりますが、ランクのさらに低いクレジットカードからステップアップしていくことも手段の一つです。しかしながら、審査の比較的厳しくないところも多いんです。例えばMUFGカードのゴールドなどは、比較的通りやすいですしゴールドのクレジットカードを持てるのでおすすめです。