クレジットカードを使える場面が増えてきました

この頃、クレジットカードを使える場面が増えてきたなあと思っています。たとえば、公共料金などがそうです。電気代やガス代などの支払いにクレジットカードを使えるようになりました。また、総合病院などでの医療費の支払いにも使えるようになりました。公共料金や医療費の支払いにも使えるのならば、ポイントも効率よくためることができると思います。また、携帯電話の料金の支払いにも使えます。これも、ポイントをためることに大きく貢献しそうです。こういった固定費などの支払いで使えることはありがたいことだと思います。こういったことから、上手にポイントをためていきたいです。

便利で得するクレジットカード

我が家ではほとんどの支払いをクレジットカードにしています。
毎日の食費や生活雑貨、インターネットショッピング、定期券の購入などなるべく支払えるものはクレジットカードにするようにしているのです。
現金で支払うのが面倒というのもあるのですが、よく利用しているスーパーや百貨店に対応しているクレジットカードだと割引になったりポイントが多くつくことがあるのでお得になります。
またほとんどクレジットカードで支払っていると案外ポイントもたまりやすく、現金で支払いをするよりも結果安くなることが多いのです。
私が使っているのは年会費も更新料もかからないものなので、かなりお得に利用できていると思います。

クレジットカードの裏のサインについて

長い間、クレジットカードはネット通販でくらいしか使っていなかったので、裏のサインのことについて全く知りませんでした。
実店舗で利用するには、裏にサインを入れておく必要があるんですね。
また実店舗で利用する機会がない場合でも、紛失時の悪用を防ぐためにも、クレジットカードの裏のサインは手元に届いたらすぐにするのが基本らしいです。
いやあ、そんなの全く知りませんでしたよ。
今まで何事もなくて良かったな、と思います。
今のところ新しくクレジットカードを発行する予定はありませんが、次に発行したら、すぐにサインをしたいと思います。

クレジットカードのポイントサイト

クレジットカードのDCカードをよく使っていますが、最近はネット通販をする際に、point名人というサイトを経由するようにしています。ここを経由すると、もらえるポイントが2倍以上になります。たとえば、楽天やAmazonは2倍ですが、本当に時々3倍、5倍になることも。ほかにもオンワードやワールドなどアパレル関連サイトでの買い物はポイント倍率が高いです。クレジットカードは現金で買うと付かないポイントがたくさん付きますし、ポイントがたまると色んな商品や商品券に換えることもできます。現金で買うよりすごくオトクなので、よく使っています。

増えすぎたクレジットカードを定年退職を期に整理しました

クレジットカードは社会人となって1年目に始めて作りました。当初はそのクレジットカード1枚で十分でした。
しかし、海外出張が増え、海外で強いと言われるカードを先輩に勧められて作ったり、管理職になった時、空港のラウンジが利用できるゴールドカードの1枚も作るべきと、これまた先輩に勧められ新にカードを作ったりもしました。
さらに、家電量販店のポイントカードにもクレジットが付いており、いつしか数え切れぬほどのカードを持ってしまっていました。
クレジットカードは、大きな買い物をする時には必需品ですが、かといって増えすぎると事故の元だと考え、定年退職を期に、年会費無料でポイントが永久不滅なカードを3枚だけに集約する事にしました。海外出張などがなくなると、これで十分で、不便を感じる事もありませんネ。