全てをクレジットカードで

最近財布を持ち歩くのではなく、クレジットカードを持ち歩く事が多くなりました。電車なども電子マネーで払うようになりましたし、小銭を使う機会もまったくなくなってしまったので、出来るだけ持ち物を減らそうと買い物はクレジットカードでする事に。やってみると案外快適です。小銭は貯まるとどんどん重くなってきますし、財布が閉まらなくなる事も多かったのですが、それがなくなっただけでもだいぶ快適です。細々したものから大物まで、全ての買い物をクレジットカードでやっているとけっこうポイントも貯まるので主婦の方にもお勧めです。一点一点は大した事がなくても、一月使っているとポイントなどはかなりのものになります。内緒でポイントでランチなんて事も出来ますので、一度試してみてください。

海外でのショッピングでも使えるクレジットカード

クレジットカードなら、使えば使うほど、ポイントが貯まります。ポイントを貯めるなら、ショッピングをするのが1番です。そのカードを使い、どんどん支払いをすれば、ポイントがどんどん貯まるのです。海外でのショッピングにも使えるクレジットカードもあり、アメリカ国内全域で使えるというカードまであります。アメリカでもキャッシングができ、その時の手数料が無料というカードもあり、とても便利です。海外でそのクレジットカードを使って買った物が窃盗などに遭ったら、しっかりと補償してくれるサービスもあり、とても安心して海外でのショッピングが楽しめるのが魅力的です。海外のホテル予約もよりスムーズにできたり、割引き価格で泊まることもできるクレジットカードもあり、お得に使えます。

クレジットカードの審査では携帯電話の支払い履歴も大切

クレジットカードを新規で作る場合、支払い能力のない無職の方は当然カードを作ることができないのは知られていますが、その他にも正社員か契約社員か、勤務先や住居は賃貸か持ち家なのか、家族構成なども審査のうえでは重要な診断基準になってきますが、そのほかにもあまり知られていない部分があります。それは、携帯電話料金の滞納です。以前は携帯電話の本体はゼロ円や1円で新規作成することができましたが、スマートフォンになり数万円する本体を毎月の利用料と共に分割で支払うようになってきました。この支払いが滞り61日以上を越えてしまった場合、延滞の証であえるAマークを付けられてsまいますので、カードの審査に落とされてしまう場合もあります。