クレジットカードは便利でも?

クレジットカードは生活するうえで当たり前になっています。レジでもクレジット払いする人はよく見かけます。インターネットショッピングでもクレジット決済のみのケースさえあります。クレジットカードのメリットは便利さゆえにお金のやり取りが楽な点です。便利なのは現金をその場で用意する必要がないからです。しかし、カードで済ませるということは現金払いをしないために、負担する痛みを感じないのが落とし穴です。なぜなら、カードではいくらでも買い物ができるからです。でも、必ず引き落とし日は到来します。現実には通帳の残高が減るのです。クレジット破産はよく聞く言葉ですが、金銭感覚が麻痺した結果だといえます。このようにクレジットカードは便利さと危うさの知識を理解すれば、使い勝手はよいです。

クレジットカードのトラブルには気を付けよう!

クレジットカードは、いざというときにとても役立ちますが、管理には充分気をつけたいものです。たとえば水没させてしまったり、壊してしまたったりするとすぐに使うのが難しくなることもあります。間違って洗濯したりして形が変形したりすることもあります。ちょっと水で濡れたくらいでは平気ですが、急に使えなくなる場合もあります。そんな場合は念のためすぐにカード会社に連絡しましょう。また、クレカのトラブルで一番怖いのが、カードの盗難やスキミングです。個人情報が漏れるとやっかいですから、気がついたらすぐにカード会社に届け出をしましょう。ただ、自分のクレカが不正に使用されても、金額を補償する保険が適用されますので安心してください。