クレジットカードの審査では携帯電話の支払い履歴も大切

クレジットカードを新規で作る場合、支払い能力のない無職の方は当然カードを作ることができないのは知られていますが、その他にも正社員か契約社員か、勤務先や住居は賃貸か持ち家なのか、家族構成なども審査のうえでは重要な診断基準になってきますが、そのほかにもあまり知られていない部分があります。それは、携帯電話料金の滞納です。以前は携帯電話の本体はゼロ円や1円で新規作成することができましたが、スマートフォンになり数万円する本体を毎月の利用料と共に分割で支払うようになってきました。この支払いが滞り61日以上を越えてしまった場合、延滞の証であえるAマークを付けられてsまいますので、カードの審査に落とされてしまう場合もあります。